うずらの卵勉強会
こんにちは!歯科衛生士の澤田です✧  °∀° )/ ✧

梅雨の中休みで毎日暑い日が続いてますね!



皆さん!歯石取りのときに

痛い思いをしたことはありませんか?


歯石取りは超音波スケーラーという機械を使って

パワーを調整しながら歯石を除去します。



パワーが強すぎたり、力を入れすぎると痛みを

感じることがあるので歯科衛生士の技術と経験が

関わってきます。




そこで先日、うずらの卵を使ってスケーリング

(歯石取り)の実習を行いました。




うずらの卵の表面は歯のセメント質という組織に

似ています。


超音波スケーラーで黒い模様を歯石に見立てて

殻を割らないように除去することで

セメント質を傷付けないように

また患者様に痛みを感じさせないように

スケーリングをする練習になります。


機械のパワーが強かったり手に力が入ると

すぐ殻に穴が開いてしまうので歯は繊細なものだと

改めて思いました。




今後も勉強会を通して医院全体スキルアップを

していきたいと思います(*^^*)



うずらの卵は実習後美味しく頂きました♪



八潮 草加 なかつか歯科医院